コラム

2023.08.10

不登校の勉強の遅れにどう向き合えばいい?いつ前向きになる?

不登校の子どもを育ててらっしゃる皆さんの悩みの一つに「不登校であることで勉強面で遅れが出る」ということがあると思います。

「子どもには無理せずに自分のペースで歩みを進めてほしい。」そう心から願っていたとしても、やはり勉強の遅れが将来マイナスに働いてしまうのではないかなどの懸念から不安感を覚えることは仕方のないことです。
決して少なくない保護者の方々が子どものことを思うがゆえに「勉強をして欲しい」「無理せず休んでもらいたい」という感情の板挟みに悩まされています。

そこで、今回の記事では勉強の遅れを抱える子どもとの向き合い方や役に立つ情報などについてご紹介したいと思います。

◆この記事を書いている「夢中教室」って?

オンライン家庭教師スタイルで、子どもの興味関心に伴走して好きを温めるオンライン教室です。
人生経験豊かな伴走先生(60名以上在籍中)と一緒に、その子ならではの「好きなこと」「やりたい」ことに寄り添って、自己肯定感が温まり世界が広がる100人100通りの伴走を行い、これまで約300人の小中高生たちに伴走してきました。
また、2024年2月よりこれまでのノウハウをもとに、1クラス最大12名・好きから学びにつなげるカリキュラム・出席認定サポートを特徴とした少人数制オンラインフリースクール「夢中カレッジ」も展開中。
>>>夢中教室のWEBページ
>>>夢中教室のこれまでの物語

<目次>

  1. 不登校になると勉強が遅れてしまう?
  2. 勉強よりも大切なこと
  3. 親にできること・工夫したいこと
  4. 興味・関心から学ぶ面白さへ
  5. 不登校による勉強の遅れに追いつくために
  6. 周りと比べずに、子どもに今必要なことを

①不登校になると勉強が遅れてしまう?

冒頭部分でも触れたように保護者の方が勉強面の遅れに対して敏感になり、不安感を覚えてしまいます。

まず、安心していただきたいのはそのように不安になったり心配になったりするのは全くもって悪いことではありません。

子どもの幸せを心から願っているからこそ「勉強面の遅れが将来に響くのでは?」などと心配になってしまうのです。実際に夢中教室を利用されている保護者の方からもそのような声を頂くことは決して少なくありません。

自分のことを責めずにその感情を受け止めてあげることが大切です。

②勉強よりも大切なこと

とはいえ、どうしても心配になってしまうのが親というものでしょう。その際に「でも、じゃあどうすればいいの?」と頭を抱えてしまうと思います。

しかし、安心してください。子どもは「まだ勉強に集中する段階ではなく、今は他に大切にしなければならないことがある」というだけであり、子どもの状態に応じて適切な選択をとることが最も重要です。

不登校状態にある子どもにとっては第一に活き活きと日常を過ごせることが大切で、勉強はその上で行うもの。

マズローの5段階欲求の中では勉強するエネルギーになる「承認欲求」や「自己実現欲求」より土台となる部分に「社会的欲求」があります。「社会的欲求」が満たされている状態とは、「自分は社会に居場所があるんだ」と思えている状態のことです。

マズローの欲求5段階説とは|モチベーションの優先度を示す理論

学問的な失敗体験や人間関係を含めた環境になじむことへのストレスなどで不登校状態になった子どもは、この社会的欲求が満たされていない状態にあることが少なくありません。つまり、勉強をすることよりも前の段階に優先的に向き合いたいことがあるということです。

では、社会的欲求を満たすにはどのようなことをすればよいのでしょうか。

大きく分けて、以下の二つのアプローチが挙げられます。

  1. 環境の選択
  2. 保護者のかかわり方

こちらの2点ですが、どちらも居場所づくり(=自分は生きている意味があるんだと思える人間関係作り)をするための手段のひとつになります。

まず、1の環境の選択ですが具体的にはフリースクールやオンラインの交流コミュニティなどに参加してみることがその代表例となります。家庭の外で自分自身を肯定するきっかけになる人とのつながりを得ることで、子どもは自らの社会的欲求を満たすことが出来ます。

③親にできること・工夫したいこと

次に、保護者がどうかかわるかという視点では、「とにかく子どもを受け止める」ことが彼らの社会的欲求を満たすことに繋がります。具体的には、直接的に子渡場で表現する以外にもいつもは制限しているゲームで遊ぶことやアニメを見ることなどを一時的に許すことなどがあります。

親としては勇気のいる選択かもしれませんが、子どもが不登校になっているときにはとにかくこのような制限を緩めることが大切になります。

不登校になり勉強をしなくなっている子どもの様子を見ると、将来に思いを巡らせて心配になるかと思います。

しかし、不登校になった子どもに必要なのは心を休ませる時間です。

原因は人それぞれですが、並大抵ではないストレスを学校で感じ「もう逃げたい」と考えた子供の最終手段が学校を休むという選択になります。

年齢によって取るべき対応は異なりますが、中学生以降には特に制限を緩めるという策は有効になるでしょう。一方で、小学生の場合は近くで話を聴いてあげるのが効果的です。

「とにかく傷ついてしまった心をいやすことに集中して、耳を傾ける。」この姿勢をもって関わることで子どもはゆっくりと自分のペースで歩みを進められるようになっていきます。

ここで気を付けていただきたいのは、心配や不安から「常に一緒に居なければいけない」と思い子どもから目を離さないことで逆に子どもを縛り付けてしまう可能性があるということです。小学校高学年より子供の年齢が上の場合、留守番をしてもらうなど一人の時間を作るのがよい心の休憩になるかもしれません。

子どもの年齢や精神状態に応じて、「自分は生きててもいいんだ」と思ってもらえるように言葉や行動を取捨選択することを意識してみましょう。そして、その次のステップが勉強になるのです。

こちらの記事「不登校の子の学習の遅れが気になる?! 保護者がまずすべきこととは[不登校との付き合い方(7)]|ベネッセ教育情報サイト 」では専門家の方が不登校による勉強の遅れにどう親が向き合うべきかに関してお話ししているため、非常に参考になります。本記事に加えてこちらも一度読んでみると、より視野が広がるかもしれないためおすすめです。

④興味関心から学ぶ面白さへ

心のエネルギーが溜まり始めたら、まずは興味・関心あることに取り組み始めてみましょう。

この時、「あ、余裕が出てきたから勉強をさせよう」という風に焦らないようにしてください。まだ子どもの心の傷が完全に癒えたわけではありません。ゆっくりと段階を踏んで、寄り添いながら前に進むことを忘れないでいましょう。

では、興味・関心があることをどのように見つけていけばよいのでしょうか。最初から○○について学んでみたい!と言葉にできる子どもは多くありません。まずは、アンテナを張り子どもが夢中になれているものを見つけることが第一歩。そこでゲームが好きであるということが分かったのなら、まずはゲームに熱中している様子をひとまず見守ってあげましょう。

その際に紐づけるように、ゲームからゲームに出てくる地名に興味が広がり、そこから海外の話を学び、英語や地理の勉強につながった子もいます。

ただ、子どもが興味分野を見つけ、深く探求したり広げていったりするスピードには個人差があります。

周りと比較せず、子どものペースに合わせて進めていくことが最も重要になります。

⑤不登校による勉強の遅れに追い付くために

そのような段階を経て、子どもが勉強への気持ちが少し芽生えてきたらようやく勉強を始める段階です。

ここで忘れていけないのは、あくまでも子どもに合った環境で自分のペースで勉強できるような場所を選ぶということです。

子どもがどのような環境で勉強をしたいと考えるかは人それぞれ異なります。しかし、安心してください。近年多様な学び方をサポートする環境が増えてきているので、諦めないで欲しいです。

具体的には

  • 学校の別室登校
  • フリースクール
  • すらら

などを活用するとその子にあった学び方を選択できるでしょう。

こちらのオヤトコ発信所の記事では日本全国のフリースクールに関する情報が幅広く掲載されています。

「オヤトコ発信所」は、学校に行かないことを選択し、小・中・高に通わず大学へ行った不登校当事者の方とその母親の方が運営されており、全体的に寄り添ったコンテンツがあるのが特徴です。ご興味ありましたら、ぜひご覧ください。

また、すららとはITを活用した自宅学習サービスであり、以下の引用から分かるように文部科学省の定めている要件を満たしているため出席が認められています。

学校への復帰を目指す不登校のお子様にとって、出席日数が足りないことが不利になってしまうケースがあります。
たとえば高校受験では、内申書の点数が合否に影響することも少なくありません。

文部科学省は、家庭に引きこもりがちで十分な支援を受けられない不登校の児童生徒に対し、IT等を活用した自宅学習で出席扱いにするという方針を定めました。
「すらら」は要件を満たすことのできる教材です。

すららHPより引用

⑥周りと比べず今こどもに必要なことを

子どもが不登校になり、勉強の遅れが出てきてる。親としてはこの現状に対して強い不安感を覚えるでしょう。そのときに、どうしても周りと比べてしまう気持ちは痛いほどわかります。

ですが、そこをぐっとこらえて、お子さんの今を見つめてみてあげてください。

同じ学年の学校に通っている他の子どもたちと比較するのを一度おいてみたときに、「今、子どもに何が必要か」について新たに見えることがあるかもしれません。

周りと比較してしまうのは当たり前のことです。そんな自分自身を責めないであげてください。

その代わりに、ぜひ目の前の子どもが何を思い何を必要としているかに頭を巡らせてみましょう。その選択が子どもに寄り添った選択をするための第一歩になります。

くれぐれも無理せずに目の前の子どものことを考えることを意識することが最も重要です。

夢中教室は、先ほど紹介した「心にエネルギーが溜まってきたけれどまだ勉強はちょっと厳しい。」という子どもたちの伴走に特化しています。一般的な家庭教師とは異なり、算数や国語などの決まった科目や受験のための勉強を教えているわけではありません。

少し余裕が出てきたという段階で一緒に夢中になって探求できる好きなものを見つけ、前を向くためのお手伝いをしています。夢中教室は学校に戻ることや勉強に取り組めるようになることを目的としておらず、安心感をもって好きなことをひたすら探求できる環境を作ることで社会的欲求を満たすことを大切にしています。

子どもが好きなことに夢中になれる環境をつくり、前向きに進む力を引き出すお手伝いをしています。まさに居場所になり、そしてチャレンジを応援することを大切にしているのが我々夢中教室です。

>>>プログラム詳細はコチラ

この【オンライン×マンツーマン×好きなテーマ】という一見変わったスタイルの授業を行なっているのは、家から出るのがハードルが高い不登校の子どもでも体感できるようにするためです。

子どもと先生の一対一の授業なので、一人ひとりのペースに合わせてゆっくりじっくり、無理のないスピードや内容で一回一回の授業を組み立てる事ができます。

「不登校の子ども」という言葉ひとつでくくられてしまいがちですが、子どもたちの置かれた状況や不登校になった原因はさまざまなので、幅広い視野でその子に合ったアプローチを取ることが大切です。だからこそ、夢中教室はその子の「好き」に合わせて授業をイチからカスタマイズしています。

安心できる家の中で「好きなこと」を体験することができれば、その後は「好きなこと」に関連する人や環境に出会う一歩を踏み出しやすくなります。

1回60分の授業が、3回無料体験できるので、ぜひ体験授業に参加してみてください。子どもが前向きになって一歩を踏み出せるようになった、というお声もたくさんいただいているので、お役に立てるかもしれません。

この記事を読んだ方で、様々な「子育て情報」や「夢中教室」について知りたい方は、ぜひ夢中教室のInstagramをフォローしてみてはいかがでしょうか。

Instagramを見る→

授業料について PRICE

入会金・退会金 0 円!

余計な費用がかからないシンプルな料金体系なので
いつでも安心してはじめていただけます。

  • 月 4 回コース

    月額 ¥15,400(税込)~

  • 月 2 回コース

    月額 ¥7,700(税込)~

[ 1 コマ 60 分 ¥3,850 +システム利用料 ¥500 ]

夢中教室は他社の学習塾と比較してもお手頃な価格設定です。

  • 夢中教室

    ¥3,850 60分/1回

  • A 社学習塾

    ¥6,000 60分/1回

  • B 社学習塾

    ¥9,000 60分/1回

  • ● 使用ツール : zoom
  • ● 事前準備 : zoom を使えるパソコン、もしくは iphone やタブレット
  • ● 授業料の支払方法 : クレジットカード、もしくは口座振込でのお支払いとなります。
    その他のご質問 は Q&A をご覧になるか、お問い合わせページからお問い合わせください。

Information session
オンライン説明会

保護者の方向けのオンライン説明会を無料で定期開催してます。
ぜひお気軽にご参加ください!

次回開催:
7/23(火)20時30分-21時30分

もっと知りたい!

Free trial campain
無料体験キャンペーン
実施中

夢中教室の授業 60 分 ×3 回が今なら無料で体験できます。
まずはお気軽にお申し込みください!

まずはお試し!

何でも相談室

授業やプログラムのこと、
不登校へのお悩みなど
無料でご相談いただけます。
お気軽にご連絡ください。

LINE で相談する

よくある質問
Q and A

  • 私は受けさせたいのですが、子どもが受けてくれるか分かりません。

    お子さんが好きなことをやる時間になるので、「好きなことを一緒にやってくれるお兄さん・お姉さんがいるらしいよ」、とお伝えください。ただ、お子さんの年齢・性格・状況によって、お子さんへのアプローチも異なりますので、お悩みの場合はぜひお子さんのことをLINEでご相談ください。

  • 毎週1回じゃないとだめですか?

    週1コースと月2コースがございます。週1 以上の頻度でのぞまれる場合は担当する先生にご相談ください。

  • 直前に休んでも大丈夫でしょうか?

    お休みの場合は振替いただけます。空きのある時間に変えられますので、担当する先生にご相談ください。