”夢中教室:不登校のお子さまのための家庭教師”
””

知識 実践 継続

不登校の子の保護者のための
コミュニティ型・子育てスクール

””

Message

夢中教室でこれまで200近くのご家庭の皆さまと接するなかで、保護者さまの子育ての不安や悩みについてお聞きすることも多々ありました。

そんな皆さまの声から、子育てで思考錯誤をしている保護者さま向けの「子育てオンラインスクール」を新たにスタートすることになりました。

この子育てスクールが、皆さまの生活が少しでも豊かなものになり、お子さまの笑顔がご家庭の中にあふれるきっかけになれば嬉しい限りです。

子育てにお悩みの方へ

こんなお悩みに伴走します

自己肯定感を高める子育てをしたいと思いつつも家庭では難しい

つい感情的になって怒りすぎてしまう

自分の子育てに漠然とした不安がある

子どもをありのまま受け入れたい気持ちと学校に行ってほしい気持ちで揺れてしまう

3つの
ステップ

  1. step
    01

    子育ての知識を学ぶ

    自己肯定感を育む親子コミュニケーションを軸とした知識が学べます。その場しのぎの対処療法的な声かけではない、普遍的な知識を学ぶことでお子様が巣立つまで使える一生モノの家庭教育の基盤となります。

  2. step
    02

    実践できる自分になる

    知識を学んでも「わかっているのに、つい感情的になってしまって…」ということはありませんか?『知識』を使いこなせるようになるためにワークを通して自分自身をアップデートしていきます。

  3. step
    03

    継続できる環境に身をおく

    「知識」を身につけて「実践」にトライしても継続できなければ意味がありません。一人では難しくても、ポジティブな仲間と一緒に『私らしい子育て』が日常になるまで継続していきましょう!

Program

タイムテーブル

  1. 1

    10/11(水)

  2. 7

    1/10(水)

  3. 2

    10/25(水)

  4. 8

    1/24(水)

  5. 3

    11/8(水)

  6. 9

    2/7(水)

  7. 4

    11/20(月)

  8. 10

    2/21(水)

  9. 5

    12/4(月)

  10. 11

    3/7(木)

  11. 6

    12/11(月)

  12. 12

    3/14(木)

開催時間はすべての日程で 20:00~21:30 になります

※スクール申し込みの締め切りは10/31(火)です
※途中で参加された方には、1回目・2回目のアーカイブをお送りします

Teacher

今回の子育てスクールは、5年間の子育て支援事業を通して延べ1万人以上の現役保護者さまのお悩み解決に関わってきた「親のがっこう」の代表上条厚子さんを講師としてお呼びします。

「親のがっこう」代表 上条厚子

プライベートでは、2年前にひとり親になり、高校1年生と小学5年生の子育て中。元夫とは別々に人生を歩んでいるが、親としてはワンチームで子育てを楽しんでいる。次女が小学2年生から2年間不登校で夢中教室にも在籍していた。次女との関わり方をより最適なものにしたいとWISC検査を受け、凸凹が多めと診断。その結果を家庭内のコミュニケーションに活かしながら生活中。1年前に本人希望で転校し、今は公立の小学校に通学中。

1981年生まれ 「子どもはかわいい」けど「子育てがしんどい」状態を経験し、「ちゃんと」よりも「自分らしく」子育てできるパパ・ママを増やすために活動している。名古屋市地域子育て支援事業運営・家庭教育推進委員 従事・教育委員会での子育て講座や国連行事への登壇 やNHK・日経新聞・毎日新聞・たまひよ・VERY WEB 等メディア掲載多数

More Detail

チャットルームの様子

子育てスクールの6ヶ月間、受講者の皆さまは「専用のLINEオープンチャット」に入っていただき、参加者同士でチャットをしたり、講師の上条さんにいつでも質問をすることができます。

参加者だけの安心安全なクローズドコミュニティです。

受講者様

 息子が「僕は『バカ』だから、どうしようもないよ😣」と不貞腐れている様子で話してきました。理由を聞いてみたら、「机にある工作の破片や使ったマジックペンやお菓子の食べかすを片付けられない」ことでした。
 その時、私は「自分で気がついて片付けていたから偉いよ。」と答えました。その後も「バカだもん😣」と言いながら、寝てしまいました。。。寝起きは悪かったです💧

あっちゃんだったら、どうする❓

質問ありがとう!

詳しい状況によって私なら①どう捉えて②どうするか?が違うのだけどお返事させてもらうね😊

講師

ケースその1
①「知らんがな!」と捉えて😂
② 何もしない

ケースその2
 今回のことだけではなく、日常的に自分のことを「バカだから」とか「どうせ僕にはできない」などと、自分を卑下したり、過小評価するような言葉を発していて今回のことが起こった場合は

① あ〜。自己肯定感が冷えちゃってるサインだなぁ。と捉える⇒🌟
② とはいえ、今回の時には「何もしない」←笑

だって。「知らんがな!」って思うから😂
※相手の機嫌は相手のものだから

🌟根本的な解決策は、今回のことが起こった瞬間ではなく"日常"にあるから、日常的に、本人の「ありのまま」を肯定する言葉をかけていくことが大事🙆‍♀️

講師

例えば…
・ダラダラしてる時に「◯◯君はホントにリラックスするのが上手だよね❣」

・何か集中してる時に「すごい集中力だったね!全集中の呼吸ママにも教えてほしいわ!」←鬼滅見てます?笑

・こだわりを持って何かを選んだ時に「センスイイね!」

・今回の実験始まった時に「すごっ😲エジソンみたいだね!!結果が分かったら教えて 🎶」

とかとか、"日常"のフツーの景色(子どもの様子)から、本人のありのままの姿を肯定する声がけがポイント😊

ーーーーー

自己肯定感が冷えてるかもって思う場合は、大人が「ゲッー 🤢」って思っちゃうことを変換して捉える力を鍛えていかないと、難しいかも!

講師

利用者の声

料金

1ヶ月

3,300円(税込)

※お支払いはクレジットカードか口座振込になります。
※毎月1ヶ月分の受講料をご請求させていただきます(合計6回)。

Support

無料体験講座
※今期の体験講座は終了致しました

個別相談

6か月伴走スクール
※体験講座や個別相談を受けていなくてもお申込みいただけます

本講座についての不明点・質問や、子育ての悩みについて、本講座の講師の上条が無料で20分の個別相談を実施しております。お申し込みご希望の方は下記ボタンよりお申し込みください。